ゾイドジェネシス #3(旅立ち)

 スカパー!のAT-Xでゾイドジェネシス
 2話からの続きで、戦闘からはいります。ザイリンの襲撃(バイオゾイドが勝手に襲い始めたわけだが)により、戦闘不慣れなルージは応戦するも、戦火の中村のジェネレータを破壊させてしまう。立ち去るザイリンの言動から、住む土地を思う別の気持ちを感じ取れます。ジェネレータを失った村は滅びるという現実を前に、ラ・カンはジェネレータを修理できる人を探すという解決法を提示する。そして父であるラージもまたルージに「村の外へ出る気はないか?」と問う。村長をしているだけ或るラージはさすがに先見の明というか、自体の飲み込みと対処が良いと思う。
 さりげなく、前回のラ・カンもルージを口説いていた用に見えるが?
 結果として旅に出ることになったルージ君。後に帰ることがあるが、そのときにジェネレータ停止のコトの重大さを知る。また、ファージの状況も。

ラ・カン「すこしでも早く帰りたいなら振り返るな。一歩でも足を踏み出せ。」

 ここから、「ラ・カンさん」から「ラ・カン」へ、「ルージ君」から「ルージ」へ呼び方が変わる。「私のことはミィ様(ry」というが、第1話で全裸で大きな魚を素手でとってかまえる(しかも丸焼きにする)12歳児のミィは最後まで様づけで呼ばれることはなかったw。
 で、セイントオクトーバーのりょうへーとザイリンがちょっと面立ち似ている件について。
 そして、越前南次郎=ラ・カン(CV松山鷹志 – Wikipedia)な件について。
 今回も話中で

(+_+)「ゥアッー!」

 と良く叫ぶルージ君(・∀・)ニヤニヤ。もっとイイ声で叫(ry。
MUSIC 夜鷹の夢/Do As Infinity Do As Infinity - Need Your Love - 夜鷹の夢
to be continued…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました