ゾイドジェネシス #1(襲撃)

 スカパー!のAT-Xでゾイドジェネシスの1話をみましたよ、ようやく初めて。
 CMのシーンはこれだったのか・・・と納得。そして、1話から健在の「ミィの丸焼き」。そういや、丸焼き料理なんて食べた記憶がないのですが?
 内容は個人的には善いと思うのですが、作画がなんと言っても粗い。後の話になると、口が動いていないのに台詞しゃべってるし。外国で作るなら、せめて中国製の「おとぎ銃士赤ずきん」や「アニマル横町」くらいレベルは欲しいものです。エンディングなどはCGでちゃんとしているのですけどね・・・。ファンから指摘されているようですがお金の使いどころがよくわからない作品です。
 ありがちな「素質全く無しなのに敵襲に遭い、偶然にもコクピットに乗っちゃったら動かせちゃった」というお約束です。オープニング、CMのBG共に「夜鷹の夢/Do As Infinity Do As Infinity - Need Your Love - 夜鷹の夢」です。番組のテーマに合っていて凄く好きなのですが、ゾイドジェネシスの為に書き下ろされた曲ではないところが、予算削減の心意気を感じます(汗)。
 さて、全編を通してメイン機体となる「ムラサメライガー」の海底からの引き上げですが、普通にワイヤーを垂らして、てこの原理かなんかで引き上げるのかと思えば、バルーンをくくりつけて空気を送り込み、浮力で引き上げています。

(;・∀・)この手があったか?!

(`・ω・)「大丈夫、だいぶ余裕を見て設計してあるから、この船。」
となかなか凄い台詞を曰うルージ君。
 ルージ君のお母さんである「ミン・ファミロン」さん。

(;・∀・)あんた、見た目お姉さんで通じるがな(汗)

ファージ「お兄ちゃんは乗らないの? これを見つけたのお兄ちゃんなのでしょ?」
 ルージを見つめるミンの顔がね・・・。ゾイド乗りの家系に生まれて今まで動かすことが出来ないルージ(お約束の伏線)。
 大刀のそばにいたおばあちゃんが或る意味一番危険な場所にいたと思うのですが・・・?
to be continued…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました