フリーのSIPサーバ(Part2)

 再投稿エントリーにもありましたが、オープンソースであるフリーのSIPサーバというものがあります。それがAsterisk :: An Open Source PBX and telephony toolkit |
 何はともあれ、この手のものを使うには努力と根性といったものが必要としますので自己責任ということで。ただ、これ、搭載ノード数が20万ノード以上いとわれており、表面上はかなり凄いですね。実験できる環境があれば数台つなげて遊んでみたい(^o^)。
 うまくパッケージングできれば中小企業数台レベルの内線や、拠点間10台未満だと100万以下でゆうに運用可能な感じを受けます。
 導入自体はしていませんが、ネタを調べると
 インストールはmake一発(Asterisk :: An Open Source PBX and telephony toolkit | Install Asterisk)。
 ドキュメント英語ながら、Asterisk Documentation Project – Project Informationな感じ。
 VoIP-Info.jpでは日本語での情報交換がありますし、なんと言っても本(AsteriskでつくるIP電話システム―つくって、試して、楽しむIP電話―PCtoPCからIP‐PBXまで)が出ています(・∀・)イイ!!。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました