第六翼 Palm T|X日本語化へ(建造1)。

 さて、順伝も終わり、デジタイザの設定と日付の設定が終わると晴れてHotSync出来るようになります。KARMA的に導入する順序は、「第伍翼 Palm T|X到着。」で書いた準備の順になります。OSに修正パッチがある場合はそれを優先させます。次に日本語環境を導入、ちゃんと表示されるかどうかを確認します。だめ狼はJaPonを導入することにしました。
 「英語版 Palm の すすめ」を参考にすると簡単に導入することが出来ます。ちなみにJaPonはT-Pilot ちょっと便利なPalmWare小物集から入手できるシェアウエアです。
 導入はHotSyncするだけという手軽さなのがおすすめです。試用版は表示するフォントに制約がありますが、この期間に自分のPalmと相性良く動くか確認しましょう。これからいろいろとアプリを入れるに従って、日本語関係はいろいろと弊害が出る可能性もなきにしもあらずなのでいろいろ試してみると良いのかも知れないです。
 ただ、個人的にはJaPonで事足りています。
 次に気をつけたいのは表示が出来れば入力! これ重要、かなり重要(・∀・)。長らくPOBoxを使用して、メモ帳にユーザ辞書もあるので当然これを利用することが前提となっていました。最新はPOBox for Palm OS5から入手することが出来ます。また、辞書が入っていませんので
あとSHUTTER -POBox大富豪(?)辞書-から「大富豪(?)辞書」を入れた方が幸せになれるかも知れません。TXなら快適っす(・∀・)イイ!!。
2006.01.31-00:00:06
再投稿移行記事再投稿移行記事は原文を元に一部改変等している場合があります

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました